スポンサー
Instagram feed
No feed

友の死を越え[天国じじい]と呼ばれる70歳カリスマ山岳ガイド貫田宗男さん。世界の果てまでイッテQで活躍中

スポンサー
健康
この記事は約2分で読めます。

世界の果てまでイッテQ!登山部にはなくてはならない存在となっている
山岳のプロ「天国じじい」こと登山家・貫田宗男(ぬきたむねお)さん。

最近は番組内にて、真冬の日本絶景であるという蔵王の登山にイモトたち登山部とともに挑戦していました。
70歳でなお、パワフルなその活躍を見せる貫田さんの半生を調べてみました。

スポンサー

プロフィール

貫田宗男(ぬきたむねお)
登山家・カリスマ山岳ガイド
生年月日 1951年3月21日
出身 山口県
既婚 子供あり

こちらが奥様とのツーショト写真。大変お綺麗で羨ましいですね!


高校で登山部に入って以来、生涯を通して山に魅入られている人物です。

大学では「日本エキスパートクライマーズクラブ(JECC)」に加入。

大学生にしてアルプス山脈を登っています!

最高峰エベレストの登頂を2度成功!

23歳にはアメリカ、カナダを中心に登山ガイドをしながら

なんとあの最高峰エベレストの登頂を2度成功させています。

会社概要 | WEC ウェック・トレック
会社名株式会社ウェック・トレック 〒157-0076 東京都世田谷区岡本3-24-1TEL:03-6313-4885 / FAX:050-6868-9485Eメール:info@everest.co.jp営業時間平日:...

その後、登山関係の会社ウェック・トレック(WEC)を創業しますが現在は運営現場から退き、イッテQ登山部の顧問になっています。

70歳で未だ健在、イモトたちと普通に登山していることから
かなりの体力、かなりの能力のあるいわゆる偉人と言えますね!

イッテQで「天国じじい」と呼ばれ名物キャラへ、その由来は

イッテQ番組内にてネパールのマナスル登頂企画で

キャンプ地の極寒のテント内で、貫田さんがイモトの隣のテントから

顔をひょっこりと出して「天国♡」と発言したことから由来しています。

友人の死を目の当たりに…

そんな貫田さんも二度と得難いといえる友をチョモランマ山頂で失った過去があります。

それでもその3年後に再びチョモランマ山頂に立ちました。

さすがに夫人は「もう勝手にすれば」とさじを投げられたそうです。。笑

タイトルとURLをコピーしました